読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PoohSunny's blog

生きるために食べるのか、食べるために生きるのか。

変化を楽しむ

はじめに

これは【その2】妻・夫を愛してるITエンジニア Advent Calendar 2016 の6日目の記事です。 前日はknt_mrさんの妻を愛してる IT エンジニアの件です。ラブラブさが伝わってきてほっこりしました。

一応今日が入籍してから6年半というのにかこつけて、徒然なるままに書きます。

嫁と私

私はエンジニアで、嫁は企業法務をやってます。 何と私法学部出身で、嫁とは大学時代のゼミで知り合いました。

もともと法学部だったもので、最初は家に友人を招いた時は、「け、ケンカしないで」とよく言われました。 本人たちからすると、「自分の想定している文脈はこうなので、その意見は当たらないと思う」とか「それはこうなんじゃないの??」 と言った会話は比較的日常だったので、ケンカしているように見えるのは驚きでした。 「今日もケンカしないでって言われちゃったね。。。」と夜反省会みたいになるのは結婚直後くらいの良い思い出です。

夫婦も変化していく

さて、そんな我々夫婦ですが、結婚直後から、今ではだいぶ付き合い方も変わってきたかなと思います。 最初は妥協みたいなものを許さず、お互い高みを目指す感じでしたが、 子どもができてワークライフバランスを二人で見直して、家庭と仕事のいいバランスを模索したり、 それとは別に私は計3回の転職をしたり。

最近だと、家の会話にSlackを導入したり、帰りの買い物リストをTrelloで管理してみたり。 (蛇足ですが、Slackは #children チャンネルを作ってるのですが、熱を出した時に様子を書いたりしていると結構重宝します)

法学部、法務というと硬いイメージがあるかもですが、嫁はその辺とても柔軟だし新しい物好き?なので、 いろいろな新しいことにチャレンジできます。

あと意外に自動化が好きで、結婚直後から食洗機と乾燥機能付き洗濯機とルンバは抑えました。 こう見てみると意外とエンジニアぽいですね。

私の方は私の方で、嫁が買う企業法務本を夜な夜な読んだりするのは結構楽しいので、良い気分転換になっていたりします。 総じて法務の本は内容や文調がお堅いですが。

変化を楽しむ

そんな中で、夫婦として今は変化を楽しめていると思っています。 でも改めて考えると、それってとても素敵なことですよね。

これからも夫婦でいろんなことにチャレンジして、新しい世界を一緒に見られたらいいなと思っています。 嫁氏、これからもよろしくです。

広告を非表示にする