読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PoohSunny's blog

生きるために食べるのか、食べるために生きるのか。

デートでも使えるいきステ!?

はじめに

この記事は、いきステ Advent Calendar 2015の通算5つめの記事です。前回の記事は@kazutoyoさんのいきステゴールドのススメでした。 私も今月に入ってゴールドになりました。黒烏龍茶が毎回飲めるようになるのはお得感高いですね。ところで私はよく銀座6丁目店に通っています。

いきステでデートしてみたら意外とよかった

さっそくですが本題です。いきステは立ち食いが基本ですし、一人で行かれる方はけっこういらっしゃるかもしれません。しかしここ、デートでも使えるのでは?と思ったので、先日嫁と実践してきました。結果意外と良かったので、その時の感想をレポートします。

その時の写真はこちらです。ランチで集合して行ってきました。450グラムと300グラムをオーダーしました。(銀座6丁目店のメニューには450グラムのワイルドハンバーグがあります。)

f:id:swimming_pooh:20151209190904j:plain

いきステをデートで使うと

感想として、下記のようなメリットがあると感じました。

お互いのお肉をちょっと交換とかできる

たとえば、一方が450グラム、もう一方が300グラムをオーダーし、厚みを比べるためにちょっと交換、とかできます。一口だけ450グラムの厚みを体験できるので、手軽ながらお互いの満足度が向上します。

ちょっと足りない、ちょっと多かったに柔軟に対応できる

特に最初の頃は、自分にとって適切なグラム数ってなかなかわかりにくいと思うんです。オーダーしてみたものの、あ、ちょっと足りなかった、多かった、といったことはよくあります。ペアで行けば、その辺の融通が利くので、満足度がさらに高まります。

ニオイが気にならない

いきステに一人で行ったあと、若干ニオイが気になりますが、二人で行けば二人とも同じ感じになるので、全く気にしなくてよくなります。

うしろめたさがない

一人でいきステにいってホクホクしてると、なんだか自分だけ幸せで悪いことしてるような気分になることがあります。一緒に行けばそんな感情とも無縁です。

楽しい

普段同じ肉を見つめながらワーワーキャーキャー言うことってあまりないと思います。いきステに二人で行きますと、お肉の量、質についてワーワーキャーキャーできて、一人で行くよりもずっとテンション高まります。どちらかの経験値が高ければ、いろいろ教えてあげるもよし、二人で楽しむもよしです。

おわりに

機会があれば、パートナーの方をいきステに連れて行って、ぜひ一緒に楽しんでみてください。

広告を非表示にする